鎌ケ谷フィルハーモニック管弦楽団・鎌ケ谷吹奏楽団
後援会のご案内

鎌ケ谷市には、社会人オーケストラ(鎌ケ谷フィルハーモニック管弦楽団:1989年4月発足)と社会人吹奏楽団(鎌ケ谷吹奏楽団:1981年2月発足)がございます。両楽団ともに、様々な音楽活動を重ねて参りました。定期演奏会やファミリーコンサートをはじめ、鎌ケ谷夏祭り・市民音楽祭・クリスマスコンサート、更には小中学校との合同演奏会など、鎌ケ谷市および近隣地域の音楽文化の発展に、ささやかながらも寄与できたのではないかと感じております。

ところで、オーケストラや吹奏楽が活動を続けるためには、指揮者への謝礼をはじめ、楽譜の購入費、練習会場費、演奏会諸費用(会場使用料、チラシやプログラム印刷費、他)など様々な経費が必要です。両楽団は、いずれも団員が納める団費をはじめ、鎌ケ谷市教育委員会からの「地域の文化活動を支援する補助金」などで運営されていますが、恩恵を受ける住民の側からも積極的に支援しようと、椎名房男医師(故人)の提唱により「両楽団の活動を支援し、鎌ヶ谷の文化の向上に寄与する」ことを目的に、主旨に賛同する市民を会員として1993年に鎌ケ谷フィルハーモニック管弦楽団・鎌ケ谷吹奏楽団後援会(以下後援会)が有志団体として発足しました。おかげさまで、平成19年3月現在で39名様に経済的ご支援・ご協力をいただいております。

後援会では、会員の一層の拡充を図りたく、両団体の活動を経済的に支援してくださる方の参加をお願いしています。年会費は一口5,000円です。

皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

 
鎌ケ谷フィルハーモニック管弦楽団・鎌ケ谷吹奏楽団後援会
会長 田中 幹雄